屋内ガス絶縁メタルクラッド開閉装置(GIS)40.5kVについて

- Aug 31, 2018-

屋内ガス絶縁金属被覆スイッチギア(GIS)40.5kVに関して、我々は2つのモデルを持っています:

 

A:XGNS 1-40.5

B:XGNS 2-40.5

 

カタログからの情報を除いて、2つのモデルの主な違いを挙げました:

 

A:GISモデルNo.XGNS 1-40.5

一般的な説明と設計 :このモデルは定格電流630A以下で、比較的簡単な構造です。 それは通常、すべての主要な電気部品が封入されている単一のガスタンクを備えており、入口と出口にはエルボ形のコネクタが取り付けられています。 二次配電機器として、25KA定格短絡以下の電源システムに主に使用され、産業用および住宅用のケーブルリングシステムおよび電源端子に広く適用されています。

パネルタイプ:パネルF(LBS-ヒューズコンポジットスイッチ)、パネルV(VCB)、パネルC(LBS)、パネルD(ダイレクトケーブル接続)、パネルDe(アース付きダイレクトケーブル接続スイッチ)

 

 

B:GISモデルNo.XGNS 2-40.5:

一般的な説明とデザイン   これは1250A以上の定格電流以上で、比較的複雑な構造です。 これは、典型的には、2つのガスタンク、すなわち、バスバーおよび隔離スイッチ用のタンクと、回路遮断器用の別のタンクとからなる。 インナーコーン型ワイヤーコネクターは、通常、インレットとアウトレットの取り付けに使用されます。 主要な配電機器として、主に31.5KAまでの定格電流を持つ電力システムに使用されています。 また、電力制御/受電/配電の目的でより高い短絡電流を有する発電所、変電所および電力システムにも広く適用されている。

パネルタイプ:パネルV:1種類のパネルのみですが、異なる方式のために異なるプライマリ接続を持つことができます。

GIS switchgear.JPG

  各モデルの詳細については、 market @ goodelectric-china.com までご連絡ください